日常の生活術

23・家電の【長期保証…5年・10年保証】は、必要なものなのか?

好まれる家電の「長期保証」と、およその金額

家電を購入する際に、特に高額なモノであれば「長期保証」が付いているものが一般的には好まれます。

エアコンや洗濯機や冷蔵庫等は、最低でも10年は持って(使用できて)欲しい家電ですね。

そこで、登場するのがこの5年や10年といった、長期間の保証システム。

店舗や金額(高額なモノ)によっては、始めから無料で付いている場合もあります。

近年は、「本体価格を安く見せる」理由だったり、わたしのように「必要がない」といった顧客に対応する理由だったりして「長期保証がオプション」になっていることが多いです。

長期保証の金額は、購入する店舗(店ごとではなく、〇〇電気などの企業単位)で変わってきます。

保証の金額はピンキリなのですが、目安になる相場はあります。

例えば100,000円ぐらいのエアコン(家電)を購入した場合だと、

1年ごとで1,000円 + 消費税 = 1,100円程度が多いですね。

最初の1年は必ずメーカー保証が付いています(保証理由は初期故障の確率が高いためで、安価な製品では1年以下の場合もあります)。

「長期保証」とは、メーカー保証が終了した「その後の保証」です。

10万円くらいの商品で、目安・・になる「長期保証の金額」…(長期保証が商品価格に含まれない場合)

3年間 3,300円
5年間 5,500円
10年間 11,000円

 

本当におかしい「家電商品」は、1年以内に症状が出る

ここは、わたしの経験談が元になりますので、ご注意ください。

家電も多少の「当たり・ハズレ」のようなものはあるかもしれません。

しかし、わたしの45年間の人生経験(実体験や、友人知人等から見聞きしたものを総合的に)から判断しますと、家電のもち(寿命)は多くの場合、使い方や扱い方に大きく起因します。

例えば、わたしの嫁さんの場合(悪口ではありませんよ…)、スティック型の掃除機のパイプ部分はキズだらけ(そこら中に激突して突進する)ですし、「掃除機が壊れた」と言うので、バラしてみてみたら「ナイロン袋を」吸い込んで詰まっていました。

わかりやすい例えを出しましたので、極端な事例ではありますが、おそらく私が直さなければ修理に出すか、最悪処分してしまいそうな勢いです。

それは、「ハズレ」の症状とは全く別物で、扱い方の問題。

いわゆる「ハズレ(誤作動、勝手に電源が落ちる等)」であるような商品であった場合、私の経験上「1年以内」にその症状はあらわれます。

2年、3年やそれ以降の経過後に訪れる故障は、使い方や扱い方での不具合が多いです。

もちろん、「その時のために保証に入るんだろう…」と思われる方もいるのではないかと思いますが、物を大切に扱う方や取説(取扱説明書)をよく読んで使用できる方は、この長期保証は必要ない保証であると言えるでしょう。

保証内容をキチンと理解せずに、「何となく…」加入してはいけません。

保証の内容をよく確認せずに「長期保証」に加入してしまった場合、実は「扱い方や劣化に起因するもの」は「対象外・・・」の場合があります。

実際の長期保証範囲は「どこ?」かを知る

「長期保証」の内容はよく確認していますか?

基本的に「長期保証」の場合、「自然故障」したものが保証修理の対象になります。

例えば、パソコンであれば液体こぼれや、水没、落下、改造、誤扱いによる故障・損傷、コンピューターウイルス障害、災害による故障などは保証の「対象外・・・となります。

某、家電量販店の「長期保証」の規約内容(第5条の列挙品に関して)

参照:https://www.yamada-denkiweb.com/info/wcontents/muryouhosyou.html

ありがちな「破損理由」はほぼ全てと言っていいほど、「対象外・・・として除外されています(どこのお店も内容は、ほぼ同じです)。

結局、「自然に壊れた…」以外の保証はないのです。

先ほども書きましたが、本当におかしな商品(いわゆるハズレ商品)は、すぐにその症状を見せてくれるもの。

何年も経った後に、「自然に壊れる…」可能性は極めて低いのです。

何年も使用後に壊れてしまう場合は、誤扱いや落下などで破損させてしまう場合が多いでしょう。

そんな時にせっかく入っておいた保証が「対象外」な場合では、保証加入もただの「ムダ銭」、本末転倒です。

結局は、有料保証

わたしの、友人知人で「長期保証」商品で、破損時に保証が効いて無償修理が出来たという人は、未だかつて聞いたことはありません。

エアコン、冷蔵庫、エコキュート、テレビなど地元の家電量販店で購入したもので、「長期保証」に加入していた商品ですが、誰一人「自然故障(無償修理)」で「修理をした」という人はいないのです。

みな、「保証期間内」であるにもかかわらず修理代と、場合によっては別途「出張料金」まで請求されています。

私も社会人になりたての頃、パソコンの液晶画面を誤って破損させてしまいまたが、「長期保証」は対象外でした。

で、それを修理した場合は、「10万円くらいかかりますね…」と言われたことを記憶しています。

経験上「くらい・・・」でそれより安く請求されたことは、ありません。

実質的に「10万円以上・・します」という発言です。

18万円したパソコンで、「長期保証」代金まで支払った商品を、10万円以上で修理するのも「アホらしく」感じてしまい、当時はゴミとして捨てれたので、即処分しました。

まとめ

高価なものを購入する時は、「何かあった時の安心」と一体でなければ不安である方は多いと思います。

「安心」・「安全」は、販売者側から購入者への最高の「購入感情刺激」ワードです。

そこにとらわれていては、「本当に必要なもの」が見えてきません。

家電であれば、ルールで「1年間のメーカー保証」が確実に付属(安価な商品の場合は数か月の場合もあります)しています。

結論を言えば、「1年間のメーカー保証、それで十分(じゅうぶん)です」。

「長期保証」というものは、一種のムダ保険「販売者の利益」の一部に過ぎないという事。

家電などを購入した場合は、「長期保証には加入せず」、「大切に扱う」ことが1番だと私は思っています。

生活に余裕があれば話は別ですが、インフレが家庭を直撃し、生活費の見直しが注目されている昨今では、「必要なもの」と「必要でないもの」の判断がとても重要です。

「支払わなくてもいいお金」は、「1円でも支払わない」ことを心がける必要があります。

このようなムダな支出を減らして、生活を安定させて行きましょう。